バックナンバー

もっぱら独立前提の人を雇う店の実力 千葉・行徳「千人力」

 森川 滋之
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてな

神山鶏を中心に一部日向鶏も

 仕入れている鶏肉についても藻塩と同じページに書いてある。神山鶏だそうだ。神山鶏について詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。まとめると、地鶏ではないが安全でおいしい鶏肉ということになる。実際おいしい。

ただ、全部が神山鶏でもないそうで、たとえば「はさみ」(一般的には「ねぎま」)には日向鶏のねっく(せせり)を使っているのだそうだ。

日向鶏のねっくを使ったはさみ

鶏肉に関しては「ブロイラー」、「銘柄鶏」、「地鶏」の大きく3つに分かれるが、JASの基準を満たす「本物の」地鶏は貴重すぎて、僕らが求めるような大衆向けのお店で出すのはまず不可能だ。

大山どりあたりの銘柄鶏(はっきり言うと水準の高いブロイラー)で十分おいしい。あまり「地鶏」を強調する店は、よほどの高級店でもなければ眉唾なのである。

そういう意味では、「日向地鶏」と表記する店がある中で(ちなみに宮崎県が認定する地鶏は「宮崎地鶏」と呼ばれるそうだ)、「日向鶏」と明確に言う奥田さんは信用できる人だ。

ニンニクの梅しそ漬けがうれしい

千人力でうれしいのが「馬力」。ニンニクの梅しそ漬けだ。僕が大阪に住んでいたときによく飲みに行っていた店では「ピンク」(さすが大阪、見たまんま)と呼ばれ、必ず注文する定番メニューだった。

僕の印象では関東ではあまり見かけず、千人力で「発見」したときには思わず注文してしまった。それ以来、僕の千人力のイメージは「ピンクのある店」なのだ。

ニンニクの梅しそ漬け「馬力」

ネットで調べると、「馬力」と聞けばやきとり大吉(全国はおろか海外にも展開している一大やきとりチェーン)を思い出すという人が多いようだ。

馬力でもピンクでも呼び方は何でもいい。ニンニクのうまみと梅しその酸味がほどよくマッチして、どんなお酒にも合う。臭くもない。

実はスーパーでも売っているのだけど、あまり家では食べる気にならない。お店でつまむのがいいのだ。

> ベテランの焼き加減+秘密兵器
1  2  3  4  5  6  7  8

JAGZY OWNERS

↑このページのトップへ