バックナンバー

もっぱら独立前提の人を雇う店の実力 千葉・行徳「千人力」

 森川 滋之
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてな

塩は淡路島の藻塩

「み」はもも肉。柔らかいのに噛み飽きない。味わいが違う――。

柔らかい「み」

そう思っていたら、奥田さんが取り出してきたのが、淡路島の藻塩。塩にこだわっていると言う。

こだわりの藻塩

千人力チェーンのサイトに藻塩について書いてあったので転載させていただく。なかなかの名文である。

"万葉集にも歌われている最古の製塩方「藻塩焼き」(海藻を焼き、その灰に海水を注いで、鹹水=濃い塩水、を採り煮つめて塩を採る)にて製塩された「淡路島の藻塩」は、少し付けておにぎりを掬(むす)ぶだけでも、その味が際立つうまみがあります。こちらのお塩は、純白で、とても細かい肌理(きめ)が特徴。"(読みがなは筆者)。

> 神山鶏を中心に一部日向鶏も
1  2  3  4  5  6  7  8

JAGZY OWNERS

↑このページのトップへ