日本の近代化の象徴
富岡製糸場が"まち"にもたらしたもの

2014年6月、日本近代化の礎であった「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に登録された。

骨組みは木材を使用し、壁に煉瓦を積み入れて造る 「木骨煉瓦造(もっこつれんがぞう)」で建てられた富岡製糸場は、当時の日本と西洋の建築技術を融合して建てられた、時代の象徴といえる建物だ。煉瓦は、フランス積みと呼ばれる工法で積まれている。多くのフランス人が関係したことを示すとともに、現代まで変わらない優雅さがある。

江戸時代末期、生糸、蚕種、茶などの輸出産業が急速に発展したが、世界的な養蚕業の低迷により生糸の需要が年々高まる一方で、品質が追いつかず、粗悪品が多く出回り、日本の生糸の評判が急降下してしまった。

政府は生糸の品質改善・生産向上、技術指導者を育成するため、洋式の繰糸器械を備えた模範工場を建設することにした。

富岡製糸場は、明治5年(1872年)、そうした官営模範工場の一つとして操業を開始した。

繭を生糸にするこの繰糸工場は当時、世界的にみても最大規模。生糸の品質改善、生産向上のため、フランス式の器械が約300台導入され、全国から集まった工女たちの手によって高品質に重点を置いた生糸が生み出されていった。日本の生糸の高品質は瞬く間に世界の脚光を浴び、明治42年、ついに日本の生糸の生産量は世界一となる。明治維新以降、殖産興業の推進に貢献した富岡製糸場は、日本の近代化を支えた象徴となった。

製糸場と富岡は、震災や第二次世界大戦時のアメリカ軍の空襲による被害を受けず、昭和62年(1987年)の操業停止後も片倉工業が保存に尽力したことなどもあり、世界遺産に登録された現代まで、当時の姿を変えずに残っている。

時代を超えて選ばれ続けているものや、価値観の背景にある考え方や本質はどのようなものなのか。本物の価値をひもとく本連載の今回テーマは、「富岡」。

世界遺産登録を機に、富岡の人たちが再度、製糸場と向き合おうとしている。世界遺産を有するまちに暮らし、歴史を残すとは、どういうことなのだろうか。

富岡で育ち、現在は富岡市の職員として富岡のまちづくりに取り組む加藤安明氏。そして、日本各地で中心市街地活性化や地域ブランディングを手掛ける、Studio-Lの岡崎エミ氏のお二人に聴いた。

製糸場が世界遺産に登録されるなんて夢にも思わなかった。
1  2  3