相続の基礎 その1

みなさん、こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの山田英次です。

前回のコラムでは、外貨運用に関する基本的な考え方についてお話をしました。

今回からは、築き上げた資産を世代間で上手にバトンタッチしていくために知っておくべき知識について整理をしていきます。

どこかで断片的な情報を耳にしたこともあるかもしれませんが、この機会に、ぜひクリアしていただきたいと思います。

相続の登場人物

『法定相続人』という言葉を聞いたことがあるという方は、少なくないと思います。でも、具体的に誰が相続人となるのか、と聞かれると曖昧な答えになってしまう方も多いのではないでしょうか?

相続の基礎『その1』となる今回は、まずは、相続の登場人物(法定相続人)について、確認をしていきたいと思います。

①配偶者
配偶者がいる場合、配偶者は必ず相続人となります。
そして、その配偶者は、一定の範囲内の親族とともに、相続をすることになります。また、配偶者がいない場合は、一定の範囲内の親族だけが相続をすることになります。

②一定の範囲の親族とは
相続する親族の第1順位にあげられるのは、「子」、第2順位は「親」、そして第3順位は、「兄弟姉妹」ということになります。
例えば、まずは「子」が相続人となりますが、「子」がいなければ「親」、「子」も「親」もいなければ、「兄弟姉妹」が相続人となりますが、いずれの場合も配偶者がいれば、配偶者とともに相続をすることになります。

※「子」がいない場合で「孫」や「曾孫」がいる場合、および、「親」がいない場合で、「祖父母」「曽祖父母」がいる場合は、その権利が順に引き継がれますが、「兄弟姉妹」がいない場合は「甥、姪」に限り引き継ぐことが可能となります(甥、姪の子供たちには、引き継がれません)。

法定相続分

それでは、それぞれの法定相続人が相続できる割合、つまり法定相続分は、どのように定められているのでしょうか?

基本的には、生活をともにしていた配偶者が、子とともに最も率が高く設定されており、順位が下がるにつれ、少しずつ相続分が減っていくかたちになっています。

なお、同じ順位の相続人が複数いる場合は、均等割りとなります。

(例)
・子供が2人 … それぞれ「1/4」ずつ。
・兄弟が3人 … それぞれ「1/12」ずつ

遺言の種類
1  2